100キロニートイズム

体重100キロのニートである私イズムが 日々の暮らしで気になった事や 趣味・日記など書きたいことをなんでも書いてみるブログです

タグ:ニート


皆さんは「ととのう」 という言葉をご存じでしょうか

自分はとあるドラマでそれを知ることになりました




ドラマ「サ道」

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、ある日謎の男「蒸しZ」(宅麻伸)に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。

偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)など個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。

”サウナ”とは?”ととのう”とは?その解を求め、今日もまた、サウナ旅を続けている…。



どんなドラマか分かりやすく言うと「孤独のグルメ」のサウナ版と言ったらわかりやすいでしょうか

Amazonプライムビデオ
huluにて配信されているので気になる方は見てみてください

このドラマでサウナの神髄「ととのう」を知ることになるのです



・ととのうとは

サウナ→水風呂→外気浴を繰り返す

温かいと冷たいを繰り返すいわゆる温冷交代浴をすることにより

毛細血管が収縮、拡張を繰り返し脳内に酸素を多く取り込むようになります

また脳内麻薬と言われる「β-エンドルフィン」が分泌され

一種のトランス状態に入るのです



「そんなに気持ちいいなら自分も体験してみたいな」



そんなわけで2月1日土曜に足を運んだのがコチラ

IMG_00943

満天の湯 温泉家

いわゆるスーパー銭湯です



脱衣所で服を脱ぎ、かかり湯で体を流します

そのまま洗い場に直行し

ドラマよろしく体を清めます



体を清め終わったらまずは湯船につかり体を温めます

控えめに言ってこれだけでも最高です



しっかりと肩までつかり温まった後はいよいよメインディッシュ

サウナへと向かいます



体の水滴をしっかりとふき取りサウナに入ります

このお風呂のサウナにはテレビがあります

目が悪く眼鏡をはずすと何も見えないため自分にはなにもメリットはありませんがw



最初のサウナということもありまずは5分にしておこう

12分計でしっかりと時間を計ります

じわじわと汗が出てくる

5分経ち良い頃合いになりました



サウナを出てかかり湯で汗を流します

さぁ水風呂です

これがまぁめちゃくちゃ冷たい

ただ10秒も入っていると少し暖かく感じてきます

体の表面に薄い温度の膜が張られるからです

これを「温度の羽衣」というらしいです



気持ちがいいからと言って長居してはいけません

体が冷え切って危険な状態になるからです

1~2分ほど浸かってから水風呂から出て

体の水滴をよく拭き取ります



露天スペースにある椅子に腰かけて外気浴を行います

外の冷たい風を感じながら

サウナに入っていたのと同じくらいの時間休憩します

これで1セット



続いて2セット目、3セット目を行うのですが

最初と違いサウナでなかなか汗が出ません

少しサウナの時間を長くしてみることにします

3セット目の外気浴でいつもよりリラックスし始めた感覚が


4セット目も終わり

一旦湯船につかることに

再度体を温めます

これがまた気持ちいいこと



5セット目

また汗が出るようになりました

もしかしたら外気浴が寒すぎたのかもしれません



この日は結局兆候は見られたものの

ととのうといった感覚になることはありませんでした



つづく


交通機関の運転手さんってなんであんな聞き取りづらい喋り方になるんでしょう

「はい、発車しまーす」って言いたいんでしょうが

どう聞いても「はぁしまーす」としか聞こえない

そんなバスに揺られて街へとやってきました



シャレオにて古本まつりが開催されていました

IMG_0931
IMG_0932

この手の本は読んだことがないのですが

ブログを書く手助けになるかと思い購入

じっくり読んでみたいと思います


IMG_0933

本日のお昼は「一蘭」



先週くらいからずっとラーメンが食べたくてしょうがなかったです

しばらく来ない間にまた値上がりしていたようで残念



IMG_0934

間違えてねぎ抜きで頼んでしまったラーメン

今回は替え玉一杯で終了

半替え玉もあったのでそれも頼めばよかったと今更後悔

大変美味しゅう御座いました



そして前々から来たかった喫茶店「シャモニー モンブラン」へ到着

IMG_0935

このレトロな感じがたまらない・・・



メニューはこんな感じ

IMG_0936
IMG_0937

ほとんどの食事メニューがテイクアウトもできるようです



今回頼んだのは「チーズケーキセット」

IMG_0938
IMG_0961

店内の窓からはパンチラも拝むことができます←



ヤマダ電機にて買い物

そしてゲームセンターに行って久々にUFOキャッチャーに挑戦してみることに

不器用だからどうせ取れないしやるのやめてたんですよね

なんとかGETすることに成功!

IMG_0963

あらかわいい!



お昼が少し少なかったためお腹が空いてきました

微妙な時間ですが近くのサイゼリアで腹ごしらえをすることに

今日もデブ活が捗ります

IMG_0941

「ミートソース ボロニア風」

カメラをテーブルに置いて写真を撮る準備までしていたのに

いざ目の前に来るとそれを忘れてガッついてしまった為

食べかけで申し訳ない・・・



IMG_0942

食後に二軒目の喫茶店「G線」

IMG_0943

ドリンクメニューはこんな感じ

IMG_0944

マンデリンを頼み一服

IMG_0962

酸味のあるコーヒーが好きなんです


カフェもいいんですが今回行ったような

昔ながらのレトロな喫茶店のほうが自分的には好みなんです

子供のころ父方のおじいちゃんの家に行っていたとき

朝食にモーニングを食べに行っていた影響でしょうね



今日はそんな感じの一日を過ごし大満足でした



~おまけ~

母親が暗い部屋に取りに行ったおやつ

IMG_0959

実際持ってきたもの

IMG_0960



どーもイズムです

先週の日曜日に広島で開催された「島根ふるさとフェア」 へ行って参りました

YouTubeで動画もあげたりしているので

よろしければそちらも一緒にご覧ください




投稿が一週間後になっていたのは編集など色々行っていたからです←



バスで街へと出て朝ご飯を食べるイズムファミリー

IMG_0860

朝ご飯にフライドチキンを食べるというデブの鏡

少しまったりした後会場に向かいます



IMG_0861

着きました!

ココが島根ふるさとフェアの会場になります



IMG_0862
IMG_0863
IMG_0867

早速お目当てのお酒の試飲をするじいやこと父親

IMG_0864
IMG_0865
IMG_0866

様々な種類の中から好きなものを3種類選んで試飲できます

IMG_0869

じいやが選んだのはこの3種類

左から純米吟醸酒の「環日本海 のど黒」

純米酒である「隠岐誉」「簸上 七冠馬」

じいやのお気に入りは「簸上 七冠馬」だったようです



IMG_0870
IMG_0871

島根のゆるキャラである「しまねっこ」の写真もいっぱい



IMG_0872

屋内の会場へと進みます

IMG_0873

島根の様々な地域のブースが軒を連ねます



IMG_0874
IMG_0875

かつおだしを試飲しましたがほっとする味

自分はやっぱり日本人だなぁと再確認しました



IMG_0876
IMG_0877

「噂の生どら」のブースもありました

これ美味しいんですよねぇ

後で買いに行こうと思って寄ったのですが

小倉が無くなっていたので泣く泣く諦めました



IMG_0879
IMG_0880

「えごま茶」の試飲もしましたがちょっと自分の口には合わなかったかな

ちゃんとお茶してましたがなんというか後口が不思議な感じ



IMG_0882
IMG_0883

新品種の「縁結び米」の試食もあったのでパクリ

ほかほかもっちりでおいしかったです



IMG_0884
IMG_0886
IMG_0887
IMG_0924

島根の動物園からフクロウさんペンギンさんが出張に来てました

余談ですが小学生の頃友達のおうちでフクロウを飼っていたのを思い出しました

ハリー・ポッターとかに影響されたんですかねw



IMG_0888

別会場の方へ移動

ここでは島根グルメが味わえます



IMG_0889
IMG_0892
IMG_0893

じいやはお目当てのシシ汁を堪能しました



IMG_0895

ビデオを回してくれていたじいやの

「お酒が呑みたいなぁ・・・」の図



IMG_0896
IMG_0897

島根グルメとは関係ありませんが焼き鳥がおいしそうだったので購入!

IMG_0898

皮のタレと塩を買いました



IMG_0900
IMG_0901
IMG_0902

思わずニッコリw

IMG_0903

じいやも熱燗のお酒を買ってにっこりw



IMG_0909
IMG_0910

ばあやこと母は「釜揚げそば」を啜っていました

IMG_0911

最近モノを食べる口元がおばあちゃんに似てきていることを気にしているばあや



IMG_0928

自分用のお土産に「海苔の佃煮」も買って帰り大満足な一日でした



この間YouTubeで動画漁りをしていた時

とあるニートの日常の記録動画にたどり着いた

個人を特定して誹謗中傷したいわけではないので内容は伏せるが



性格がねじ曲がっている・・・



案の定コメントも批判の嵐だった



そんなことを言えるのは恵まれている証拠だ

と言われればその通りだと思う



自分がいい人間であるとは思わないし

ニートである以上端から見れば一緒であるということは重々承知しているつもりだ

それを踏まえた上でいち、お気楽能天気ニート野郎がモノを言わせてもらえるならば

改めて自分という人間は人に恵まれているなぁと思った



両親共に病気のことを多少なりとも理解してくれていて

ゆっくり進んでいけばいいよといった具合で見ていてくれるし

衣食住もしっかり与えてくれる

親戚だって物珍しい目で見てこないし普通に話してくれる

友人にだって恵まれている

ニートであると分かっていて普通に接してくれる友人ばかりだ
(自分が知らない所で気を使ってもらっているのかもしれないが)



それにしたって自分には充分すぎるほどの恵まれている

自分自身人が嫌いなわけではないし

むしろ人と接するのは好きだ



ニートであるが故に人との関わりは減ってくる

外部からの刺激が少なくなってくるのだ



また外部からの情報も偏ったものになりがちであると自分は思う

偏ったものからの刺激で偏った思考になってしまいがちなのだ



何か新しい刺激を受けることによって

そこから何か生まれるものがあるではないかと自分は考えている



人が嫌になることもあるが

結局人との関わりを捨てきれずまた同じところに戻ってくるのだ

それがすべてにおいて良いとは言わない

人によっては必要ないと判断した部分は排除していくことも必要になると思うし

最終的には自分がどう思うかどこで納得するかなのだろうと思う



その動画を反面教師にして

自分はそう思われないように気を付けていこう


アホなりに考えてはみたが

結局何が言いたかったのか自分でもよくわからなくなってきた

上手くまとめる事も出来ないためこの話はここでおしまいにしようと思う


ではまた!


今日も午後から仕事手伝いに

作業中ふと小学生の頃の事を思い出した

あれは小学3年生の頃だろうか




小学3年にあがるとクラブ活動が始まる

当時の自分は好きな子が演劇クラブに入るというのを耳にし

少しでも接点を持ちたい一心で演劇クラブに入ることにした

演劇に興味がなかったわけではないが8割くらい不純な動機である



演劇クラブには男子はおらず男は自分一人だった

今考えるとハーレムである


そんな不純な動機だったことも忘れクラブ活動に勤しむ

ある時練習していた演目を近くの公民館にお客さんを招き披露するという事になった

詳しいタイトルなどは忘れたが確か赤鬼かいじめられっ子が主役

いじめられっ子と鬼が出会い最終的にはみんな仲良くなり赤鬼との別れを惜しむみたいな話だったと思う



自分に与えられた役はいじめっ子のリーダー的な存在

いじめられっ子に肥やしだ何だと罵り、取り巻き的な奴らと共にいじめ続け

最終的にはいじめられっ子が泣き崩れてしまうといったシーンがあったのを覚えている

今思えば決して良い役ではなかったが当時はそんなに考えていなかったので何も問題はなかった



本番当日、公民館で出番まで遊ぶ我々

突然好きな子が「目をつぶって」と言ってきた

正直キスでもされるのかと思った私は言われるままに目をつぶる

そのまま手を引っ張りどこかに連れていく彼女

「目を開けていいよ」その言葉に素直に応じる



が連れていかれた先は女子トイレ

女子たちに囲まれ笑いものにされている

これでは与えられた役とまるっきり逆である

今では大人のDVDにありそうな展開だと笑い話にこそしているが

当時の自分にはそんな余裕はなく

ましてや好きだった女の子にそんなことされたのだ

大泣きしてしまった

ほどなくして顧問の先生に助けられ叱られる女子たち



結果として仲直りし、舞台も何事もなく無事終わったのだが

よく女性不信にならなかったなと思う

また別の人ではあるが好きな子に告白したら

『(自分の名前)は○○が好き』と書いた紙飛行機をばら撒かれたこともある

それだけスクールカーストは下の方だったのだ



ただ当時の自分はそんなことにも気づかず

人より劣っていて何もできない癖に他人より優れた人間だと思っていたし確証のない自信もあった

要するにバカだったのである

今でも違うベクトルでバカである自信はあるがw



いじめと言うほどの事でもないが今思えば嫌がらせのようなことで思い当たることもたくさんある

少なくとも当時は人気はある方だと思っていた



それに気が付いたのも中学あたり

そんな環境いることに気づき嫌になったのが不登校になる一つの要因だったのかもしれない


↑このページのトップヘ