100キロニートイズム

体重100キロのニートである私イズムが 日々の暮らしで気になった事や 趣味・日記など書きたいことをなんでも書いてみるブログです

カテゴリ: 自分語り


この間YouTubeで動画漁りをしていた時

とあるニートの日常の記録動画にたどり着いた

個人を特定して誹謗中傷したいわけではないので内容は伏せるが



性格がねじ曲がっている・・・



案の定コメントも批判の嵐だった



そんなことを言えるのは恵まれている証拠だ

と言われればその通りだと思う



自分がいい人間であるとは思わないし

ニートである以上端から見れば一緒であるということは重々承知しているつもりだ

それを踏まえた上でいち、お気楽能天気ニート野郎がモノを言わせてもらえるならば

改めて自分という人間は人に恵まれているなぁと思った



両親共に病気のことを多少なりとも理解してくれていて

ゆっくり進んでいけばいいよといった具合で見ていてくれるし

衣食住もしっかり与えてくれる

親戚だって物珍しい目で見てこないし普通に話してくれる

友人にだって恵まれている

ニートであると分かっていて普通に接してくれる友人ばかりだ
(自分が知らない所で気を使ってもらっているのかもしれないが)



それにしたって自分には充分すぎるほどの恵まれている

自分自身人が嫌いなわけではないし

むしろ人と接するのは好きだ



ニートであるが故に人との関わりは減ってくる

外部からの刺激が少なくなってくるのだ



また外部からの情報も偏ったものになりがちであると自分は思う

偏ったものからの刺激で偏った思考になってしまいがちなのだ



何か新しい刺激を受けることによって

そこから何か生まれるものがあるではないかと自分は考えている



人が嫌になることもあるが

結局人との関わりを捨てきれずまた同じところに戻ってくるのだ

それがすべてにおいて良いとは言わない

人によっては必要ないと判断した部分は排除していくことも必要になると思うし

最終的には自分がどう思うかどこで納得するかなのだろうと思う



その動画を反面教師にして

自分はそう思われないように気を付けていこう


アホなりに考えてはみたが

結局何が言いたかったのか自分でもよくわからなくなってきた

上手くまとめる事も出来ないためこの話はここでおしまいにしようと思う


ではまた!


今日も午後から仕事手伝いに

作業中ふと小学生の頃の事を思い出した

あれは小学3年生の頃だろうか




小学3年にあがるとクラブ活動が始まる

当時の自分は好きな子が演劇クラブに入るというのを耳にし

少しでも接点を持ちたい一心で演劇クラブに入ることにした

演劇に興味がなかったわけではないが8割くらい不純な動機である



演劇クラブには男子はおらず男は自分一人だった

今考えるとハーレムである


そんな不純な動機だったことも忘れクラブ活動に勤しむ

ある時練習していた演目を近くの公民館にお客さんを招き披露するという事になった

詳しいタイトルなどは忘れたが確か赤鬼かいじめられっ子が主役

いじめられっ子と鬼が出会い最終的にはみんな仲良くなり赤鬼との別れを惜しむみたいな話だったと思う



自分に与えられた役はいじめっ子のリーダー的な存在

いじめられっ子に肥やしだ何だと罵り、取り巻き的な奴らと共にいじめ続け

最終的にはいじめられっ子が泣き崩れてしまうといったシーンがあったのを覚えている

今思えば決して良い役ではなかったが当時はそんなに考えていなかったので何も問題はなかった



本番当日、公民館で出番まで遊ぶ我々

突然好きな子が「目をつぶって」と言ってきた

正直キスでもされるのかと思った私は言われるままに目をつぶる

そのまま手を引っ張りどこかに連れていく彼女

「目を開けていいよ」その言葉に素直に応じる



が連れていかれた先は女子トイレ

女子たちに囲まれ笑いものにされている

これでは与えられた役とまるっきり逆である

今では大人のDVDにありそうな展開だと笑い話にこそしているが

当時の自分にはそんな余裕はなく

ましてや好きだった女の子にそんなことされたのだ

大泣きしてしまった

ほどなくして顧問の先生に助けられ叱られる女子たち



結果として仲直りし、舞台も何事もなく無事終わったのだが

よく女性不信にならなかったなと思う

また別の人ではあるが好きな子に告白したら

『(自分の名前)は○○が好き』と書いた紙飛行機をばら撒かれたこともある

それだけスクールカーストは下の方だったのだ



ただ当時の自分はそんなことにも気づかず

人より劣っていて何もできない癖に他人より優れた人間だと思っていたし確証のない自信もあった

要するにバカだったのである

今でも違うベクトルでバカである自信はあるがw



いじめと言うほどの事でもないが今思えば嫌がらせのようなことで思い当たることもたくさんある

少なくとも当時は人気はある方だと思っていた



それに気が付いたのも中学あたり

そんな環境いることに気づき嫌になったのが不登校になる一つの要因だったのかもしれない



どうもイズムです

ブログをはじめてから22日早くもどんな記事を書こうか悩み始めてきました

書きたいことはいっぱいあるんだけど

それをいつどんなタイミングで書いていいかわからない・・・
(別に書きたいタイミングで書きたいこと書けばいいんでしょうけどw)

というわけで思い切って今回は今後どんな記事を書いていきたいと思っているか

そんなブログです

分からないならその分からない現状を記事にしてしまおう

とそんな感じです



それではまず今どんな記事を書いているか振り返ってみようと思います


・イズムの日常

大体出かけた翌日はこのカテゴリで記事を書いています

出かけた先での写真だったりを載せてちょっとした感想を添えたりそんな感じ

本当は出かけていない時でもその日あった事だったり書いていきたいんですが

何分密度の薄い時間を過ごしてますので記事するような面白い出来事なんてそうそう起こるわけでもなく

あったところでうまく記事にできるとも限らないですしね



・自分語り

今のところこのカテゴリが一番多いですね

自分の過去を振り返ってみたりその時思ったことなどを記事にしてみたり

このブログ自体特定の誰かに向けて発信しているわけじゃなく

自分の書きたいこととかを何となく書き

とりあえず誰かに見てもらえればいいやと思ってるのですから

自分語りが多くなってしまうのも仕方がないことなのかもしれません




そもそもちゃんと見てもらっているのかしら

別にブログ書いててコメントとか来るわけでもないのでその辺が全く見えません

果たしてこのブログをちょくちょく読んでくれているような人が存在するのかは分かりませんが

そういうもの好きな人がいると信じて続けていこうと思います



・考えたり調べてみた

このカテゴリでは自分の現状を振り返りながら

自分が気になった事を調べたり

他のブロガーさんが有益な情報発信するためにやっているようなまとめてみた系の記事になります
(自分の場合有益な情報は発信出来てはいないですがw)

いわゆる考察系のような記事になります

色々なことに興味は持っているので今後はその時気になった事なんか調べてまとめてみても面白いかもしれませんね



現在書いているカテゴリは大体こんな感じ

ブログ全体の記事が12記事くらいしかないのでこんなもんですね

もっと記事を書いていかねばとそう思いました



あとは今後書いていきたい記事でもまとめてみようかしら



・私的おすすめ紹介

自分が好きな音楽や漫画・映画など

YouTubeなんかもよく見てたりするのでその辺種類別に紹介出来たらなーと思います

これこそどこの誰に向けている記事なのかよくわかりませんが

自分の書きたい記事ならなんでもオッケーということで←



・YouTuberっぽい企画

自分の使っているPCやPCデスク回り

ニートのカバンの中身なんかも紹介してみたら面白いかもなーなんて考えてます

あとは商品紹介なんかもしてみたいですが語彙力がないので何とも言えないところ

まず何よりニートなので金がない!

こればっかりは仕方ない・・・

誰のせいでもありません・・・
(強いて言うなら自分のせいw)



とまぁこんな感じでブログ記事をかさまししてみました

改めて見てみると自分語りが非常に多い

今後書いてみたい記事も大体そんな感じだし・・・



とはいえ今後もブログは続けて行くつもりなのでよかったらまた見てやってくださいね!

ではまた!


どうもイズムです

以前書いた記事で今までやってきたバイト遍歴を振り返ってみました

今回は何故イズムがニートなのか

自分が再確認する意味も込め詳しく考えてみたいと思います



・自信がない

・生活リズムが安定しない

・やりたいことが見つからない

・続けていると不安感が襲ってくる



では詳しく考えていきます




・自信がない

以前にも書いたことがあるかもしれませんが昔から部活や何かに打ち込んだという記憶がありません

何をやっても長続きした試しがなく何かを始めてもちゃんと続くんだろうかという不安があります

なにか人に自慢できるような特技も趣味も誇れるものが何もないのです

何をやっていてもそんな自分に対して疑いの目を向けてしまい

自信が持てずにいます



・生活リズムが安定しない

これも以前に記事にしましたが現在生活リズムが安定しておりません

昼間の生活をしていても色んな理由で夜型の生活に戻ってしまいます

それじゃあ深夜の仕事をすればいいんですが

レンタルショップで働いていた頃深夜のシフトに入っていましたが

もちろん家族は起きていないわけですから

仕事以外で誰とも喋れないし深夜に遊べるような友達も居ない

そもそも近所にそんなに遅くまでやっているお店がネットカフェくらいしかない!

その当時色々あって人生で一番といってもいいほど病んでいた時期でもあったので

父親が仕事に出かける際見送ることが多かったのですが

いざ父親が出かけたあとどうしようもない淋しさでいつの間にか涙が流れていたなんてこともありました

もともと一人っ子ですから寂しがりという事もあって

一人の時間がないと困るけど一人で居すぎても孤独感に見舞われてどうしようもなくなってしまうのです



・やりたいことが見つからない

不登校になってから人生の目標というものを失ってしまった気がします

一人で居たくないといった漠然とした願望はあるものの

先ほどの自信がないというのも相まってどんな仕事がしたいか

どんな仕事ならやっていけそうかわからない状況にあります

PC作業は好きですがいざ仕事になったところで続くという保証も

続けるといった硬い意思もどこにもないのです

もちろんそこまでのスキルも資格もありません

もう年齢も年齢ですのでそもそもやりたいことを探して何もしないというのは

間違った考えであるという事も重々承知しておりますが

理想論で言えばそりゃやりたいことの方が続きますし

またやりがいも増えるでしょう



・続けていると不安感が襲ってくる

バイトをしていたフリーター時代もそうでしたが

仕事などをしていてふと「本当にこのまま同じことを続けていていいんだろうか」

「自分が本当にやりたいことはこれなのか」

また「このまま同じことを繰り返して人生を終えてしまうのだろうか」

などと何とも言えない不安感に襲われてしまいます

誰しもが似たようなことを考えていたりするのかもしれませんが

自分の場合どうしてもそれを乗り越えて続けていくというのが難しい傾向にあります

一言で済ませてしまえばそれだけ飽きっぽいという事かもしれません



では現在は家でなにもせずゴロゴロばかりして時間を浪費しているのか

と聞かれると最近はそうでないことも多くなってきています

何かブログネタになるのではないかと出かけるようにもしていますし

たまーに個人でお仕事をしている親戚のところへ遊びに行って

パソコンのソフトを触らせてもらい少しお勉強のような事をしていたり

雇用してもらっているわけでないのでもちろん給料は出ませんが

父親の仕事を手伝いに行ったりってことなんかもしています
(今日も午後から手伝いに行っていました)

雇ってもらっているわけではないのであくまで自分のペースで

自由にやらせてもらっているとも言えると思います


とまぁそんなわけで今回は現在働かない・働いていない理由についての記事になりました

こんな調子で無理しない程度に

尚且つなるべく早い段階で社会復帰できていければなぁと考えるイズムでした



どうもイズムです

今日または自分語りをして見ようと思います



現在ニートの自分が今までどんなバイトをしてきたか振り返ってみようと思います
(といってもほとんど続いたバイトはないんですがw)

まず一番最初のバイト




・コンビニの店員

自分が一番最初に選んだバイトです

結論から言うと研修初日でやめてしまいました

その主な理由は二つ

次のシフトに入る前に右手を固定しなければならないほどのケガをしてしまったため

そして当時住んでいた家の近所のコンビニだった為

中学の同級生がバンバン来ていたというのが主な理由になります

中学が不登校だったために同級生に会わなければならない事が苦痛に感じてしまったのですぐやめてしまいました



・肉屋のバイト

イオンのようなスーパーの中にあるお肉屋さんでのバイト

これは友人に紹介してもらったバイトです

今となってはなぜやめてしまったのか理由はわからないですが

お客様が選んだ肉をパックや袋に詰めバーコードのシールを貼ったり
(会計はスーパーのレジで行う)

空になったバットを洗ったりというそんなバイトでした

お正月に出るとお年玉がもらえたり

生ものであるため売れ残ったお肉をもらえたりと

今になって思えば中々いいバイトだったように思えます



・カレンダー印刷のバイト

企業が取引先やお得意様に送るカレンダー

そのカレンダーに企業名を印刷するバイト

印刷機にカレンダーをセットし押さえながらカレンダーをめくっていくといったバイトになります

短期だったということもあって初めて最後までやり切ったバイトでもあります



・トレーディングカードショップのバイト

遊戯王やデュエルマスターズなどのトレカを扱っているショップでのバイト

小学生から中学生の頃に少しトレカをやっていた程度で知識もなにもなかった私ですが

最近のトレカはどうなっているんだろうとなんとなく興味を持ちお店に遊びに行った際に

同い年の店員に「バイト募集してるよ」といわれホイホイ面接を受けに行きました

店長もフレンドリーで話しやすく面接も映画などの話で盛り上がりました

「好きな俳優は?」と聞かれとっさに当時まだ有名ではなかったムロツヨシさんの名前を挙げたのを記憶しております

トレカのことを何にも知らない割に結局閉店までお世話になりました



・レンタルビデオショップでのバイト

一番歴が長いバイトが地方展開していたレンタルショップ

色々事情があり同じレンタルショップに3回ほど出入りしました



1回目は引っ越してきたばかりのころ

友達もいなかったため家族以外と話すことがなく

他人と話す時少しに吃るようになってしまいレジに立つと少し気分が悪くなるといった理由で辞めました

その後トレカショップで働くことになるわけですが症状が軽かったのか何とか治り

そのトレカショップがレンタルビデオ店の店内に移転

トレカショップが閉店するという噂を聞きつけレンタルビデオ店に引き抜いてもらいました



2回目は新しくやってきた店長が自分とは合わず辞めました

入って1~2日目の新人の子をほっといて2階の事務所で作業という名のPCゲームに勤しむ店長

結局その店長にストレスを抱え円形脱毛症になりこれはダメだと思いやめることに



店長という名の共通の敵が居たということもあってか他のバイトの人とは仲が良く

辞めた後も先輩とご飯を食べに行ったりしてました



実はその店長は横領をしており証拠を掴んだ先輩が本社に掛け合い追い出すことに成功

しかもバイトもせずフラフラしていた自分をバイトに復帰させるという事に

3回目の復帰ですがここで問題発生、病気が発覚し休みがちになりました

新しい店長はいい人で休みがちな自分の籍も置いていてくれましたがその店長も辞めることに

さらに新しく入ってきた店長はその事が気に入らなかったのか次第にシフトに入れてもらえなくなり

自分から辞めるしかない状況になりました



こうして改めて振り返ってみると意外と接客ばかりやっていますね

人との距離の測り方が苦手なだけで人が嫌いというわけじゃないのが救いです

以上イズムのアルバイト遍歴でした ではまた!


↑このページのトップヘ