この間YouTubeで動画漁りをしていた時

とあるニートの日常の記録動画にたどり着いた

個人を特定して誹謗中傷したいわけではないので内容は伏せるが



性格がねじ曲がっている・・・



案の定コメントも批判の嵐だった



そんなことを言えるのは恵まれている証拠だ

と言われればその通りだと思う



自分がいい人間であるとは思わないし

ニートである以上端から見れば一緒であるということは重々承知しているつもりだ

それを踏まえた上でいち、お気楽能天気ニート野郎がモノを言わせてもらえるならば

改めて自分という人間は人に恵まれているなぁと思った



両親共に病気のことを多少なりとも理解してくれていて

ゆっくり進んでいけばいいよといった具合で見ていてくれるし

衣食住もしっかり与えてくれる

親戚だって物珍しい目で見てこないし普通に話してくれる

友人にだって恵まれている

ニートであると分かっていて普通に接してくれる友人ばかりだ
(自分が知らない所で気を使ってもらっているのかもしれないが)



それにしたって自分には充分すぎるほどの恵まれている

自分自身人が嫌いなわけではないし

むしろ人と接するのは好きだ



ニートであるが故に人との関わりは減ってくる

外部からの刺激が少なくなってくるのだ



また外部からの情報も偏ったものになりがちであると自分は思う

偏ったものからの刺激で偏った思考になってしまいがちなのだ



何か新しい刺激を受けることによって

そこから何か生まれるものがあるではないかと自分は考えている



人が嫌になることもあるが

結局人との関わりを捨てきれずまた同じところに戻ってくるのだ

それがすべてにおいて良いとは言わない

人によっては必要ないと判断した部分は排除していくことも必要になると思うし

最終的には自分がどう思うかどこで納得するかなのだろうと思う



その動画を反面教師にして

自分はそう思われないように気を付けていこう


アホなりに考えてはみたが

結局何が言いたかったのか自分でもよくわからなくなってきた

上手くまとめる事も出来ないためこの話はここでおしまいにしようと思う


ではまた!