今日も午後から親父の仕事を手伝いに行ってきた

途中現場による用事があったので車に同乗し現場へと向かう

とはいえ現場には入れないので車内の中で待つことに




ヘルメットをかぶり安全帯をつけ現場へ入る準備を済ませる親父

工具箱を片手に颯爽と向かう父の背中を見送る




7b0a3de1175ce806bbdb7644294a16df_s
※画像はイメージです




「あれ?・・・なんかカッコいいかも・・・」




普段家ではとんちんかんな親父もこの時は少し勇ましく見える気がする

こんな感情はかなり久しぶりだがなぜか少しだけそう思った



車の中でラジオを聴きながら時折タバコを吸って待っていた

しばらくすると親父が戻ってきた

そのままいつもの仕事場に向かい仕事に取り掛かる




今日の仕事は書類づくり

先ほどの現場での資料を基に計算をし入力していく

ところがふと頭の中に疑問が浮かぶ




「あれ?何かがおかしい・・・」



親父が入力した計算式がすべて間違っている・・・




隣にはへらへら笑っているいつもの親父



「いや!あの時のカッコよかった背中わい!」



あの時の気持ちを返して欲しい・・・



結局すべて計算しなおし私が修正しました