100キロニートイズム

体重100キロのニートである私イズムが 日々の暮らしで気になった事や 趣味・日記など書きたいことをなんでも書いてみるブログです


今年は暖かいとはいえ

夜の外気浴は少し寒く感じる



ということでなけなしのお金を握りしめ

昼間にいつものスーパー銭湯へ 

いつもは親子連れや友達同士の客が目立つが

予想通り昼間は年齢層が高め

みんなそれぞれのやり方でととのいに来ているのだ



もはやルーティーンとなっているがかけ湯からの体を清める

ゆっくりと湯船で温まりサウナへと向かう

最初のサウナは5分ほどと決めている



常連客の雑談によりサウナ室はいつもより騒がしい

そんな雑談をBGMに汗が流れるのをじっと待つ



かけ湯で汗を流し水風呂へ

最初は冷たかった水風呂もすっかり虜になっている



「かけず小僧に出会ったりして」なんて思いながらぼーっとしている

かけず小僧とはサウナでの汗を流さずそのまま水風呂へと入ってくる輩だ

サウナではマナー違反と言われている

汗流しカットマンと呼ばれてたりもする


サウナから出てきた一人の客がこっちへ向かってくる

こうも早くフラグを回収するとは思わなかった

奴はかけず小僧だった・・・



水風呂からあがりしっかり水分をふき取る

露天スペースでの外気浴の始まりだ

うん、夜と違って寒すぎない良い気持ちだ



そんな調子で何セットか終える

休憩もかねてもう一度湯船で温まろう

そういって向かったのは露天スペースのイベント風呂

週替わりで色々なお風呂になる

今回は豆乳風呂



ここの露天は少しぬるめだが

豆乳風呂はなかなか暖かい

100キロの私が豆乳風呂に入っている

「豚豆乳鍋の出来上がりだ」などと考えながら

体が茹るのを待つ



このまま帰るのももったいない

仕上げのサウナに入ることにした



体がしっかりと温まっていた為汗がどんどん出てくる

気持ちいい水風呂に入るためだ

少し長めに8分間にしよう
(もちろん無理しない程度に)

12分計が進むのを穴が開くほど見つめひたすら待つ



最後の水風呂ももれなく気持ちいい

今度は休憩する場所を少し変えてみる

ここから見る空が一番開けて見える



青い空

時折吹いてくる心地よい風

横目に見える植物が風に揺れる音

しばらくぼーっとしていたがその時の記憶があまりない



おそらく本当に何も考えていなかったのだろう

ただただ心地よい記憶しかない

これはもしやととのったのでは・・・?

実際はどうだかわかりませんが

とりあえずととのったことにしておこう・・・



風呂上がりにスポーツドリンクを買って飲む

喉抜ける爽快感

一気に全部飲んでしまった



お腹が空いていたことを思い出す

しかしこの時間食事処は休憩中だ

駅へと向かう途中にあるやよい軒に寄ることにした


かつ丼が食べたいががっつりも食べたい

定食にすればご飯のおかわりが無料

からあげ定食しようかと悩んでいたらチキン南蛮系メニューが100円引きだと書いてある

よし決めた


IMG_0964

結局頼んだのは「チキン南蛮とエビフライ定食」

ご飯もおかわりし大満足



しっかしすっかりサウナにはまってしまっている

行き帰りの道中もサウナのラジオを聞いていた

初ととのいも済んだことだし

まだまだととのいの旅は始まったばかり

色んなスーパー銭湯へ行ってみたい

サウナ施設にもまだ行ったことがないのでそこでととのうのもありだろう

そしていつかドラマ「サ道」に出てきたサウナに行ってみたい


そんな事を考えながらこのブログを書いていたらスーパー銭湯からクーポンが届いた

サウナに入れるプランだと一般だと950円

今回会員になったので750円で入れる

それがなんとタオルセットで500円で入れるクーポンが届いたのだ



2週間の使用期限があるから近いうちにまた足を運ぶことだろう



テレビ東京さんドラマ「サ道」の2期どうかお願いします!!


2月2日日曜日

ととのうチャレンジ1回目の翌日になりました

予定していた用事が思ったより早く終わりなにもすることがありません



そうだ昨日のリベンジに行こう!

そう思い立った私は2日連続足を運ぶのでした



昨日と同じようにまずは体を清めます

そして湯船につかり体を温める

さぁここからが本番、意気揚々とサウナへと向かうイズム

今回も5分間サウナに入ることに

12分計をじっと見つめ時が経つのを待ちます



かかり湯でしっかりと汗を流し

続いては水風呂

昨日より気持ちがいい・・・



昨日と同じように露天スペースの椅子で休憩をします



2セット目

昨日と同じようにあまり汗が出てこなくなりました

昨日も思ったけど露天での外気浴が問題か?

そう思った私は今度は内風呂にある休憩用の椅子で休憩タイム


これもまた昨日より気持ちがいい・・・


3セット目

短い時間でも汗がじわじわと出てきます

やはり寒すぎが原因だったようです

原因がわかればこっちのもの後は内風呂の休憩スペース一択です


4セット目

休んでいると少しふわふわした感覚がやってきます

結局の所これがととのった感覚なのかはわかりませんが

いつもよりリラックスできたのは確か

マッサージを受けた後のような

蒸気アイマスクを使った後のような何とも言えないさっぱり感もありました



そして何より楽しい

あの水風呂の感覚

目がらんらんとしていました



きっとまた近いうちにサウナへと足を運ぶことでしょう

その時には今度こそととのう感覚を覚えたい

そんなイズムでした



皆さんは「ととのう」 という言葉をご存じでしょうか

自分はとあるドラマでそれを知ることになりました




ドラマ「サ道」

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、ある日謎の男「蒸しZ」(宅麻伸)に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。

偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)など個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。

”サウナ”とは?”ととのう”とは?その解を求め、今日もまた、サウナ旅を続けている…。



どんなドラマか分かりやすく言うと「孤独のグルメ」のサウナ版と言ったらわかりやすいでしょうか

Amazonプライムビデオ
huluにて配信されているので気になる方は見てみてください

このドラマでサウナの神髄「ととのう」を知ることになるのです



・ととのうとは

サウナ→水風呂→外気浴を繰り返す

温かいと冷たいを繰り返すいわゆる温冷交代浴をすることにより

毛細血管が収縮、拡張を繰り返し脳内に酸素を多く取り込むようになります

また脳内麻薬と言われる「β-エンドルフィン」が分泌され

一種のトランス状態に入るのです



「そんなに気持ちいいなら自分も体験してみたいな」



そんなわけで2月1日土曜に足を運んだのがコチラ

IMG_00943

満天の湯 温泉家

いわゆるスーパー銭湯です



脱衣所で服を脱ぎ、かかり湯で体を流します

そのまま洗い場に直行し

ドラマよろしく体を清めます



体を清め終わったらまずは湯船につかり体を温めます

控えめに言ってこれだけでも最高です



しっかりと肩までつかり温まった後はいよいよメインディッシュ

サウナへと向かいます



体の水滴をしっかりとふき取りサウナに入ります

このお風呂のサウナにはテレビがあります

目が悪く眼鏡をはずすと何も見えないため自分にはなにもメリットはありませんがw



最初のサウナということもありまずは5分にしておこう

12分計でしっかりと時間を計ります

じわじわと汗が出てくる

5分経ち良い頃合いになりました



サウナを出てかかり湯で汗を流します

さぁ水風呂です

これがまぁめちゃくちゃ冷たい

ただ10秒も入っていると少し暖かく感じてきます

体の表面に薄い温度の膜が張られるからです

これを「温度の羽衣」というらしいです



気持ちがいいからと言って長居してはいけません

体が冷え切って危険な状態になるからです

1~2分ほど浸かってから水風呂から出て

体の水滴をよく拭き取ります



露天スペースにある椅子に腰かけて外気浴を行います

外の冷たい風を感じながら

サウナに入っていたのと同じくらいの時間休憩します

これで1セット



続いて2セット目、3セット目を行うのですが

最初と違いサウナでなかなか汗が出ません

少しサウナの時間を長くしてみることにします

3セット目の外気浴でいつもよりリラックスし始めた感覚が


4セット目も終わり

一旦湯船につかることに

再度体を温めます

これがまた気持ちいいこと



5セット目

また汗が出るようになりました

もしかしたら外気浴が寒すぎたのかもしれません



この日は結局兆候は見られたものの

ととのうといった感覚になることはありませんでした



つづく

↑このページのトップヘ